「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 > ブランディング事例 > スマートフィット100(関東・東北)

ブランディング事例

日本発。24時間フィットネススタジオのリブランディング
2018年度ブランディング事例コンテスト 優秀賞受賞。

スマートフィット100(関東・東北) ブランド・マネージャー:株式会社コムデザインラボ 高木純

今、24時間営業のフィットネスジムが増えています。その先駆けはアメリカ発のブランド。そんな中、日本発の24時間ジムとして東京・千葉を中心に展開する「スマートフィット100」は、今後の全国出店に備えてステップアップすることを目的にブランディングに着手しました。
ワンデイワンコイン(1日100円)から、という分かりやすい料金体系で4店舗目までは順調に拡大するも会員数は頭打ち。各店舗スタッフに委ねられたプロモーションには一貫性がなく、強みも訴求しきれていませんでした。
高木さんは様々な分析から『フィットネスを身近に』というブランド・アイデンティティを定め、そこに紐づいた施策を進めていきます。カジュアルで気軽に健康を手に入れられる業態なのだと感じ取ってもらうために、店舗デザイン・広告・従業員の教育にいたるまでの一貫性を重視。また、パーソナルトレーナーや店舗スタッフとお客様との距離感などを大事にし、クレドを活用したインターナルブランディングで「退会率」「幽霊会員数」を減らす試みも成果を挙げています。2018年度の優秀賞に選ばれました。

スマートフィット100
株式会社コムデザインラボ


オススメの講座

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムは
ブランド構築の「型」の形になっています。
この「型」は単なる机上の道具ではなく、
現場で使えるように再現性のある「型」です。


学ぶ・実践する

  • 「ブランドとは何だろう?」
    実際のブランディングに取り組む前の
    予備知識を得るミニセミナー

  • ブランドの基礎知識と実践で使える
    「型」を習得
    (ブランド構築のステップ)

  • ブランド・マネージメントの社内浸透や、
    社内研修の一環として。
    カスタマイズにも対応いたします。