「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 > ブランド・マネージャーとは

ブランド・マネージャーとは~マーケティングにおいて重要な資格~

セミナー・講座

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムはブランド構築の「型」の形になっています。この「型」は単なる机上の道具ではなく、現場で使えるように再現性のある「型」です。



あな
																																		たがブランディング手法を確実にビジネスに活かすための各講座。 ブランディング入門セミナー ブランド・マネージャー資格試験3級 インターナルブランディング講座 トレーナー認定コース アドバンスコース ベーシックコース
あな
																																		たがブランディング手法を確実にビジネスに活かすための各講座。 ブランディング入門セミナー ブランド・マネージャー資格試験3級 ベーシックコース ベーシックコース アドバンスコース トレーナー認定コース インターナルブランディング講座

ブランド・マネージャーの資格を持つメリット

ブランド・マネージャー資格のメリット
ブランド構築のスキルが身につく
希少性がある
社内のキーパーソンになれる
コンサルティングにも役立つ
信用度が増す
説得力が増す

当協会は、日本で唯一ブランド・マネージャーを養成し資格を発行しており、ブランディングに実践の『型』を取り入れた日本で最初の専門機関です。
ベーシックコース以上の講座卒業生は、全国で延べ2,400名を超え、
様々な業界で活躍されています。(2020年7月現在)
企業はブランド戦略の重要性を認識し、
ブランド構築に力を注いでいます。
しかしながら、ブランド戦略やブランド・マネジメントを
体系的に学び、マーケティングに活かすことが出来る
知識やスキル、資格を持った人財は多くありません。
そのため、企業はブランド戦略を遂行するにあたっては
外部ブレインを頼らざるを得ないのが現状です。
「ブランド・マネージャー」の資格は、マーケティングの重要な要素である「ブランド戦略」を担うことが出来る
非常に希少性の高いスキルです。
今後、「ブランド・マネージャー」の資格を持った人財は、マーケティング、ブランディングにおける
社内の専門家として、企業の永続経営のキーパーソンとなれることでしょう。
また、クライアント様へのコンサルティングなどにも、当協会独自のブランド構築の「型」が役立ちます。
対外的にも信用度と説得力のある、ブランド・マネージャー資格をぜひ取得ください。

講座卒業生の
ブランディング実践事例はこちら

なぜ「ブランド戦略」が重要視されているか?

「価格競争に巻き込まれずに少しでも高く、少しでも多く、
商品やサービスをお客様に買っていただくことで、
長期的に経営を安定させていくため」に、
ブランド戦略は大変重要な役割を果たします。
一度価格競争に陥ってしまうと、そこから抜け出すことは
容易ではありません。
ブランド戦略をしっかりと策定することで、価格競争とは無縁の、長期的な経営安定を手に入れることができるのです。

ブランド戦略とは

右の図では、企業の「経営理念(ミッション・ビジョン)」、
「経営戦略」「マーケティング戦略」、「コミュニケーション戦略
」の各層が重なっており、
これら企業の諸活動を統合したものが
「ブランド戦略」であると示されています。
ブランドは企業にとって資産となるため、ブランド戦略は
「資産を生み出していくための戦略」。
すなわち、企業の経営そのものなのです。

[ブランド戦略ピラミッドを読み解く]

企業は「経営理念」という土台の上に成り立っています。
経営理念とは「なぜ、その会社が社会に存在する意味があるのか」を問うもので、
多くは創業時の意味合いだったり、創業者の心情であったりします。
その上の階層は「経営戦略」です。
会社の本質的な部分で、具体的には、会社の規模、事業の領域、資産や投資額、人員戦略など、
自社が持つリソースを最大限に活用して、長期的な経営方針を設定するものです。
「マーケティング戦略」の階層では、ぐっと顧客にフォーカスし、中期・短期的な事業内容や、
製品・サービスの開発、価格設定、市場シェアなどの算出を行います。
そのときに、競合企業との差異化を測ることが重要です。
「コミュニケーション戦略」の階層では、前の階層で作成したマーケティング戦略を、
顧客に伝わるようメッセージ化します。
「ブランド要素」「ブランド体験」を考案し、顧客とのコンタクトポイントを設定。
企業から顧客に向けてのコミュニケーションを続けていきます。

ブランド・マネージャーとは

ブランド・マネージャーは、ブランドの資産としての価値を
高めるために、その構築から管理までの活動全般にわたる
広範囲の経営的責任を担います。
その意味で、広義のブランド・マネージャーとは、
役職名ではなく、経営者的視点からブランドの価値を高める
経営戦略を実現する役割を担う人を指します。
ブランド・マネジメントやブランド戦略を体系的に学び、
実践できる人財は現状ではまだまだ少なく、
マーケティングにおいて重要かつ希少性のある資格・知識です。

[ブランド・マネージャーと、ブランド・プランナーとの違い]

ブランディングについて調べると目にすることの多いのが「ブランド・マネージャー」ですが、
「ブランド・プランナー」という名称も聞くことがあるかもしれません。その違いを比較してみます。

ブランド・プランナーの役割について考えてみますと、プランナーは企画を行う人という意味ですので、
その意味に従えば、ブランド・プランナーは、例えばネーミングやロゴ、キャッチコピー、
パッケージデザインなどのブランド要素を総合的に企画・設計して、
ブランドを構築するまでがブランド・プランナーの役割となります。
前述の「ブランド戦略ピラミッド」の「コミュニケーション戦略」の階層が中心的な役割となりますので、
「マーケティング戦略」を顧客に伝わるようメッセージ化する企画を担うといった
ブランド・マネージャーの役割の一部と言えます。
※ブランド・プランナーは、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会の登録商標です。(登録第6007307号)

内と外のブランディング

ブランド戦略は、消費者・顧客に対して働きかけていく
活動ですが、ブランドとしての一貫性を保つためには、
まず、最もブランドに近い人々、
社内や協力会社への浸透が不可欠です。
そのため、近年では、

・消費者・顧客(外)に向けたブランディング活動
=エクスターナルブランディング

に加え、

・社内・協力会社(内)に向けたブランディング活動
=インターナルブランディング

が注目されており、ブランド・マネージャーは、組織の外と内、
両面での活躍が期待されています。
また、知識だけでなく、様々な能力も求められます。
ブランドイメージは一度浸透してしまうと簡単に覆すことは
難しいため、企業のブランドイメージを正しく見込顧客に浸透
させるために、マーケティングと一体となったブランド戦略を、
ブランド・マネジメントやブランド戦略を体系的に学び、
精通した人財が一緒になって取り組むことが非常に重要です。

ブランド・マネージャーに求められる能力
  • ブランディングの知識
  • マーケティングの知識
  • 知的財産に関する法律の知識
  • ファシリテーション能力
  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 観察力・分析力
  • 計画力・実行力

ブランドは意思決定に影響します

商品やサービスをブランドとして世に出した後、
消費者・顧客はそのブランドとの接触を繰り返すことによって
様々な評価をすることになります。
購買に結びつくプラスの評価がされる場合がある一方、
逆に購買しない理由になるようなマイナスの評価が
されることもあるのです。
そのためブランド・マネージャーは、未認知のブランドを
プラスの評価がされるように成長させ、マイナスの評価に
陥らないように、一貫した活動を行う責任を担っています。
商品・サービスのブランドを企業が意図したとおりに
消費者・顧客に認識していただくためにも、
ブランド・マネージャーには、ブランド戦略に関する
豊富な知識や資格だけでなく、マーケティングに関する
豊富な知識も求められます。

消費者・顧客からみたブランドの重要性

1.探索コストの低減

ブランドは、消費者・顧客の商品・サービスに関する探索の、外的コスト(調査する量)や
内的コスト(検討する労力)を下げる役割を果たします。

2.価値の獲得

ブランドから獲得する価値として、機能的価値と情緒的価値が挙げられます。
成熟社会においては、製品・サービスを機能的価値のみで差別化することは困難であり、
機能的価値を磨きつつ、どのような情緒的価値を消費者・顧客に提示できるかが、
ブランドの価値を左右するといえます。

3.自己イメージの投影

ブランドは、消費者・顧客が自己イメージを投影する象徴的な役割も果たします。
ある特定のブランドを購入・使用/利用することは、消費者・顧客がそのブランドに抱いているイメージと
自分自身を重ね合わせていることと同じといえます。
自分がどのようなタイプの人間なのか、あるいはどのように見られたいかを
表現する手段ともなりうるのです。

4.様々なリスクの回避

ブランドは、消費者・顧客の購買決定における、以下のようなリスクを回避するためにも役立ちます。

機能的リスク 購入した商品が、購入者が期待した機能を果たさない。
身体的リスク 購入した商品が、使用者や周囲の人々の健康や身体に危害を加える。
金銭的リスク 購入した商品の提供する価値が、支払った価格に見合わない。
社会的リスク 購入した商品が、社会的な迷惑をもたらす。
心理的リスク 購入した商品が、使用者の精神・心理に悪影響を及ぼす。
時間的リスク 選択の失敗などにより、他商品を探索するという機会費用が発生する。

出典:ケビン・レーン・ケラー「戦略的ブランド・マネジメント」

「●●(ブランド名)なら安心」、「▲▲(企業名)の製品だから大丈夫」という企業・商品・サービスのブランドを
築いていくために、ブランド戦略は大変重要です。

企業からみたブランドの重要性

1.競合商品・サービスとの差別化

ブランドへの投資により、固有の連想と意味を付与することで、他者製品と差別化を図ることができます。
差別化に成功すれば、満足した顧客は再購買が容易になり、企業は参入障壁を築くことができます。

2.付加価値の向上と価格決定権

差別化に成功すれば、利益獲得に有効な価格設定を行うことができます。

3.法的保護を受けられる

知的財産権をはじめとして、登録商標、特許権、意匠権、著作権などで製品・サービスを法的に守ることができます。

4.自社内の意思統一と社員モチベーションの向上

強く、好ましい、ユニークなブランドの確立は、消費者・顧客だけでなく、
自社内にもポジティブな反応を引き起こします。
自社ブランドが実現しようとする価値と、社員との一体感が高まります。

5.ビジネスパートナーの協力

消費者・顧客のブランド・イメージがポジティブであれば、そのブランドは、ビジネスパートナーからも
好ましい反応を受けることができるでしょう。

6.採用活動の効率化

ブランドが確立することにより、ブランドの価値観に共感し、企業が求める人材が集まりやすくなります。

この他にも、「●●(ブランド名)なら安心」、「▲▲(企業名)の製品だから大丈夫」という
ブランドイメージが浸透することにより、
「顧客の商品・サービスに対する純粋想起」が
高まり、販促コストの低減や販促効果の向上
といった、劇的なマーケティング効果も
見込めます。
ブランド戦略の浸透は、商品・サービスを提供する
企業側にとって計り知れないメリットがあります。


講座お申し込み

FAQ(よくある質問)

セミナー・講座

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムはブランド構築の「型」の形になっています。この「型」は単なる机上の道具ではなく、現場で使えるように再現性のある「型」です。



あな
																																		たがブランディング手法を確実にビジネスに活かすための各講座。 ブランディング入門セミナー ブランド・マネージャー資格試験3級 インターナルブランディング講座 トレーナー認定コース アドバンスコース ベーシックコース
あな
																																		たがブランディング手法を確実にビジネスに活かすための各講座。 ブランディング入門セミナー ブランド・マネージャー資格試験3級 ベーシックコース ベーシックコース アドバンスコース トレーナー認定コース インターナルブランディング講座