「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 > カリキュラム > 【社内浸透】インターナルブランディング講座

ブランドを“内部”に浸透させ、従業員のやる気と自発性を引き出すために。

知識とスキルを学び、認定コンサルタント等として活躍するための技術を身に付ける2日間の集中講座です。

※認定コンサルタント等:プラクティショナー、コンサルタント、シニアコンサルタント、マスターコンサルタントの総称。
後出の「資格体系」を参照。

お申し込みはこちら

FAQ(よくある質問)

インターナルブランディング講座(認定コンサルタント等資格取得講座)

:クレジットカード利用可
開催 講師 日時 申し込み状況
東京会場
【第1回】
松下弘司
受講者はトレーナー限定
2019年11月28日(木)・29日(金)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

東京会場
【第2回】
松下弘司
受講者はトレーナー限定
2019年12月7日(土)・8日(日)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

東京会場
【第3回】
松下弘司
2020年1月24日(金)・25日(土)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

東京会場
【第4回】
松下弘司
2020年2月29日(土)・3月1日(日)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

インターナルブランディングとは?

当協会では、「インターナルブランディング」を次のように定義しています。

インターナルブランディングの定義
ブランド・アイデンティティを中長期的な観点から組織全体に浸透させると同時に、従業者がブランド価値に共感し、体現できるよう取り組む全社的な活動
※従業者:正社員だけでなく、契約社員、パート、アルバイトなど、仕事に従事する全ての者を言う。

ブランドは社外に向けて発信するだけでなく、社員を始めとする内部のステークホルダーにも理解してもらうことが重要です。
トップダウンで強引に社内浸透を進めても、しばらくたつと元に戻ってしまうことも往々にしてあります。
従業者がブランドを理解・納得し、実践することは会社の利益になるだけでなく、従業者自身の利益にもなり得ます。なぜならば、自らの日常業務に意味を見出し、モチベーションが向上し、いきいきと自発的に業務に取り組むことにつながるからです。

インターナルブランディング8つのプロセス

インターナルブランディングが必要な企業とは

仕事の品質上の問題が多発する
社員の仕事の質をチェックしたときに「品質が低い」と感じる場合、インターナルブランディングが効果を発揮する可能性が高いと考えられます。社員の向上心・モチベーションの低さは仕事の品質を大きく左右します。
離職率が高い
離職率の高さで悩んでいる企業は、インターナルブランディングで改善できる可能性があります。自社での働きやすさ、他社との差別化などを図り、社員に「魅力的な会社」と感じてもらうことで、離職率を下げることができます。そのためにも、現時点の会社のイメージや環境などについて社員に聞いておくことが大切です。
合併や統合を行った企業
合併や統合を行った企業は、一部の社員が自社のビジョンや理念などを把握していないケースがあります。これは、仕事に対する意識や仕事の品質に関わるため注意が必要です。合併や統合を行った際には、全社員が自社のビジョンなどを把握・共有できるよう、インターナルブランディングの実施を検討してみましょう。

インターナルブランディング実施後の期待できる主な効果

社員の向上心・モチベーションをアップ
自社のビジョンや理念、価値観などを共有・浸透させることで、社員一人ひとりの意識を向上させることにつながります。「この会社の一人」という意識を持つことは、仕事の品質アップにもつながります。
離職率の低減
近年、離職率の高さから人手不足に悩まされる会社は少なくありません。会社側の一方的な押し付けではなく、社員の考えや想いに寄り添ったインターナルブランディングを実施すれば、社員の意識が高まり離職率の低減が期待できます。
顧客視点での商品やサービス提供
新サービスの提案や改善点の発見は、顧客目線で行うことが大切です。しかし、実現できていない企業は多く、顧客ニーズとズレている会社視点での販売活動をしているケースも珍しくありません。インターナルブランディングで社員の意識を変え、顧客視点での姿勢を身に付け、維持することができるでしょう。
インターナルブランディング講座は2日間の集中講座です。1.ブランドを浸透させ、社員のモチベーションや自発性を引き出すスキルを包括的に身に付けられる 2.協会認定コンサルタント等※としてカリキュラムテキストを活用できるようになる
テキスト表紙
認定コンサルタント等になるメリット
  • ● 自社やクライアント企業に対し、インターナルブランディングのプロセスを理解できる。
  • ● 協会が独自開発した診断ツール「ブランドエンゲージメント診断」が利用できる。
  • ● 外部企業への講師派遣依頼を受けられる。(スキルに応じてアサインします。)
  • ● 協会主催の各種イベントに優待参加。
  • ● コンサルタント仲間とのつながりから、ビジネスでの協力も期待できる。
資格名や協会ロゴを名刺に記載したり、HPにも使用したりすることができるので、第三者機関に承認されたインターナルブランディングのコンサルタント等であることをPRできます。
また、インターナルブランディングは中長期的な取り組みが必要で、2~3年かかることも珍しくありません。インターナルブランディングの実施は、クライアントと長期的な信頼関係を築く足掛かりにもなります。
テキスト表紙
インターナルブランディング講座で
学ぶこと
  • 1.ブランド構築を実行し定着させる上で不可欠なインターナルブランディングの実行方法の概要を学ぶ。
  • 2.インターナルブランディング活動を通して社内変革を起こすために必用な工程を理解する。
  • 3.工程毎の特徴と有効なフレームワークを学ぶ。
  • 4.実際にインターナルブランディングを行う上でのポイントを学ぶ。

認定コンサルタント等の育成の仕組み

資格体系

資格体系資格体系

講座体系

講座体系講座体系
受講割引について

・認定トレーナーが本講座を受講する場合、受講料が3割引きになります。
・認定コンサルタント等がトレーナー認定コースを受講する場合、受講料が3割引きになります。

受講資格

ベーシックコースを受講された方

レベルアップ試験について

Coming Soon

インターナルブランディング講座の概要

講座概要

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 認定コンサルタント等資格取得講座
  • ・ブランド構築の8ステップと呼応するインターナルブランディングの8プロセスを紹介する。
  • ・ブランド構築とインターナルブランディングの関係を整理する。
  • ・インターナルブランディングの8プロセスごとの目的、特徴、検討に有効なフレームワークを紹介する。
  • ・コミュニケーションを論理と感情の両面から整理し、それがモチベーションにどう作用するかを考える。
  • ・ケーススタディで受講者が自らワークを通して検討のプロセスを追体験することで、具体的なポイントを理解する。
インターナルブランディング講座用テキストの一部インターナルブランディング講座用テキストの一部

講座の特徴

インターナルブランディングの実施のプロセスを理解し、身に付けるための集中講座です。
また、本協会の他の講座同様レクチャーだけでなくワークを随所で行うため、知識が定着しやすくなると同時に、受講者同士の絆が深まります。

認定試験

コンサルタント等資格を取得するために必要な試験の詳細は、受験対象者(受講済みの方)にのみお知らせしております。
公表可能な試験概要は以下のとおりです。

プラクティショナー(インターナルブランディング):
インターナルブランディング講座を受講し、受講後に出される課題に期日までに取り組み合格すること。

プラクティショナー資格取得後、レベルアップ試験を受験することで
「コンサルタント(インターナルブランディング)」などにランクアップできます。

ブランドエンゲージメント診断

認定コンサルタント等に認定されると協会が独自に開発したサーベイツール「ブランドエンゲージメント診断」をご利用いただけます。
インターナルブランディングの効果を測定するだけでなく、ビフォー&アフターを比較することも可能です。経営層にインターナルブランディングの必要性や有効性を説明する際にも効果的です。

このツールで診断できること

・ブランド体現度:社員がブランドに基づき⾏動できているか。
 ⾃社のブランドを認知、納得し、実際に⾏動できているかを可視化します。
・ワークエンゲージメント:幸せにいきいきと働くことができているか。
 顧客満⾜度を得るには社員が仕事に対し、意味のあるものと捉え、いきいきと働けているかが重要です。

診断概要

受検対象者:正社員、契約社員、パート、アルバイトなどすべての従業者が受検できます。

設問数:30問前後
受検時間:5分程度
インターフェース:Web

受検者はWeb上から回答し、認定コンサルタント等はWeb上から結果を確認できます。複数の受検者の診断結果を集計し、部署ごとの傾向を確認できます。

診断ツールのご利用方法

Coming Soon

会場

各会場ごと異なりますので、お申込者には後日ご連絡させていただきます。
東京会場:東京都新宿区内会場

受講料

インターナルブランディング講座受講料(2日間)300,000円
コンサルタント等資格認定試験費用30,000円
合計330,000円(税抜き)
※トレーナー資格をお持ちの方は受講料が30%オフになります。

  • ※別途費用:試験合格後、コンサルタント等認定費用 30,000円(税抜き)
  • ※【厚労省所轄の助成金のご活用】
    本講座には、厚労省所轄の「人材開発支援助成金」を申請手続きすることで、実質費用負担を軽減することが可能となります。
    社員研修を充実させたい企業様、継続的な外部研修のご受講を検討されている企業様はご検討ください。
  • ※本助成金を活用するには条件があります。
    例)雇用保険・社会保険に加入済で、入社5年以内かつ35歳未満の正社員であることご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。事務局:03-5312-6862

また、クオリティ維持向上のため、年に1度、コンサルタント等向け研修を受講いただきます。

参加資格

ベーシックコースを修了し、2級資格をお持ちの方
※第1回、第2回の講座のみトレーナー資格をお持ちの方に限ります。

定員

1開催あたり8名

申し込み方法

お申し込みフォームボタンから、お申し込みください。

【銀行振込】
お申し込み後、14日以内に指定銀行口座に、受講料をお振り込みください。
( 振込手数料はお申し込み者様の負担となります。あらかじめご了承ください)

【クレジットカード】 お申込み時に有効なクレジットカード情報をご入力ください。
クレジットカードでのお支払いに限り、分割払いのご利用が可能です。

ダイナース 一括払いのみ
VISA、Master、JCB、AMEX 3、5、6、10、12、15、18、20、24回

※お申し込みになる前に講座申し込み規約をご確認ください。

お申し込みはこちら

FAQ(よくある質問)

インターナルブランディング講座(認定コンサルタント等資格取得講座)

開催 講師 日時 申し込み状況
東京会場
【第1回】
松下弘司
受講者はトレーナー限定
2019年11月28日(木)・29日(金)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

東京会場
【第2回】
松下弘司
受講者はトレーナー限定
2019年12月7日(土)・8日(日)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

東京会場
【第3回】
松下弘司
2020年1月24日(金)・25日(土)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

東京会場
【第4回】
松下弘司
2020年2月29日(土)・3月1日(日)
両日とも10:00~18:00

お申し込み

受講生の声

Coming Soon

お申し込みはこちら

FAQ(よくある質問)

Q.
インターナルブランディング講座はどんな人が受講するのでしょうか?

A.
ブランドを作ったは良いものの、なかなか社内に理解してもらえず、その対策に悩んでいる方が増えています。
社内でブランディングを推進する方、クライアント企業に対して社外からブランディングを推進する立場の方の双方にお薦めしたい講座です。
また、組織を活性化し、社員がいきいきと自発的に働けるようにしたいとお考えの方にも向いています。



Q.
「トレーナー」と「コンサルタント」はどう違うのですか?

A.
認定トレーナーは、講座を開催して講師として活躍していただくための資格であり、コンサルティングのスキルを認定するものではありません。
一方、認定コンサルタント等はインターナルブランディングのコンサルティングの知識やスキルを認定するものです。
なお「認定コンサルタント等」は、プラクティショナー、コンサルタント、シニアコンサルタント、マスターコンサルタントの総称です。プラクティショナー資格は、インターナルブランディングのプロセスを理解していることを証明します。コンサルタント以上の資格は、インターナルブランディングのコンサルティングを実施できることを証明します。



Q.
プラクティショナーやコンサルタントになったら、協会から仕事を紹介してもらえるのでしょうか。

A.
資格取得者のスキルに応じて、紹介させていただく場合があります。

お申し込みはこちら


オススメの講座

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムは
ブランド構築の「型」の形になっています。
この「型」は単なる机上の道具ではなく、
現場で使えるように再現性のある「型」です。


学ぶ・実践する

  • 「ブランドとは何だろう?」
    実際のブランディングに取り組む前の
    予備知識を得るミニセミナー

  • ブランドの基礎知識と実践で使える
    「型」を習得
    (ブランド構築のステップ)

  • ブランド・マネージメントの社内浸透や、
    社内研修の一環として。
    カスタマイズにも対応いたします。