グランドマスター

マスター

エキスパート

シニア

ミドル

スタンダード

資料請求はこちらから!オンライン資料請求
スポンサー募集
ブランディング実践サロン
BM協会出版局
アンバサダープログラム
ブラ検® 3級 - ブランド・マネージャー資格試験3級
BM協会オンラインショップ
ブランディングコンテンツが満載! 登録無料の会員サイト『Me:iku』
『学割』ベーシックコース、アドバンスコースの受講料を20%割引

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 > トレーナー紹介 > 平野 朋子

  • 認定エキスパートトレーナー
  • 認定コンサルタント

平野 朋子Tomoko Hirano

合同会社Brand. Communication. Design. ®︎ 代表
https://bcd.design
ブランドマネージャー
クリエイティブディレクター
ワークショップファシリテーター

講座を受講される方へ
企業、事業、地域ブランディングにおいて、それぞれの課題に合わせたワークショップの設計とファシリテーションを日々行なっています。
受講者同士が知見を共有しあう楽しい学び場づくりの提供と、私が講座で得た知識を実践して見えてきたことは余すことなくお伝えします。
お会いできるのを楽しみにしています。
資格
・日本マーケティング学会 会員
・日本ファシリテーション協会 会員
・日本ネーミング協会 会員
公的活動
・岐阜県本巣市シティプロモーション
・岐阜県白川町有機の里づくり協議会 / NPO法人ゆうきハートネット ブランディング
・(公財)とやま観光推進機構 富山県観光ブランディング
・(福)佐倉市社会福祉協議会 ブランディング
・岐阜県移住定住プロモーション
・岐阜県岐阜市デジタル人材育成プロジェクト 講師
・(公財)岐阜市教育文化振興事業団 女性活躍スキルアップアカデミー講師

経歴

サンタモニカ大芸術学部グラフィックデザイン学科卒(Honor Student)
ロサンゼルスのスケートボードメーカーにてグラフィックデザイナーとしてキャリアスタート。世界最大のアクションスポーツマーケットトレードショー「ASR」出展に携わる。

帰国後は、東建コーポレーションのハウスエージェンシー(広告代理店)、ショップジャパン(通販会社)勤務を経て独立。広告代理店では、黒川紀章氏設計の国立新美術館開館記念式典ツールやタレントを起用した一連のプロモーションを担当。通販会社では、反応率を上げるためのダイレクトマーケティングに基づき、紙媒体・Web媒体における新規顧客獲得のためのプロモーション、リピート率向上のためのCRMツール担当を経て、小売店販売のためのVMDを担当。トップアスリートや有名タレントのスチール撮影のディレクションにも数多く携わる。独立後は、主に製造業・小売業・卸売業の新規事業立ち上げのブランディング支援やリブランディング支援をはじめ、地方自治体や非営利団体のブランディング支援に従事。近年は、経営層と従業者が共通の価値観を持ち、CSV 向上を目指す社内向のブランド浸透のためのインターナルブランディング支援も行っている。企業・団体向研修・ワークショップ、各種セミナーに年間50回以上登壇。ブランド戦略を伝えた延べ人数は1000名(500社)以上。

出版(共著):新版「社員をホンキにさせるブランド構築法」(同文館出版)

ブランドの重要性とは?

ブランドは、中長期に渡ってビジネスを発展させたい方には重要な戦略です。ブランドを経営の中に取り入れることで「選ばれる続ける企業・人」になることが可能になります。また、さまざまな経営判断において、いつでも立ち返ることのできる判断の軸ができます。ブレない一貫性を持つブランドは、多くの人の共感を呼びファンを増やします。

協会で学んでビジネスにどう役立ったか

会社員時代、講座で得た知識を仕事で即生かし、社内でブランドを考える上での雛形ができました。その後、ブランドの専門家として独立するまでになったのは、協会で出会った「再現性のある型」を手に入れ、コンサルティング現場で活かしていることが大きいです。もう一つ大きな収穫は、学びを教えてくださった歴代の講師、講師仲間、そして受講者の皆さまとの出会いです。「ブランドをつくる」という共通の価値観を持った人たちとの対話の中で、多くのことを学び、そこで得た気づきが仕事にダイレクトに役立っています。

協会のフレームワークを活かして取り組んだブランディング事例

新規事業立ち上げのブランディングや、既存事業のリブランディングにおいて、協会の8ステップを生かして取り組んでいます。リブランディングでブレない軸ができたこと、ターゲットの若返りに取り組んだことで昨対124%を実現した事例などあります。

ここ数年は、人材定着や新規採用、経営陣と現場の共通言語を持ちたい、マネージャークラスの育成が急務、というような経営課題に対してインターナルブランディングを実施する機会も増えました。良い条件のスカウトが来たら転職すると言っていた優秀なマネージャーがインターナルブランディングの過程でエンゲージメントが高まり、後にプロジェクトマネージャーとして活躍するという効果がありました。また、言われたことだけを行っていたスタッフが、チームの一員として考えることができるようになり、商品開発現場においてなくてはならない存在に成長したという効果もありました。

サイトをご覧の方へメッセージ

この協会で「型」を手に入れたことで「考え方を手に入れると、考え抜くことができるようになるんだ」と気がつきました。遠い未来のことは分かりませんが、想像力を持って考え抜く力を養うことは、今、最も求められていることなのではないかと思います。その力を養う上で、考え抜くための「型」を持つことをお勧めします。