グランドマスター

マスター

エキスパート

シニア

ミドル

スタンダード

「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 > トレーナー紹介 > 武川 憲

武川 憲

シニアトレーナー

会社名 : 株式会社イズアソシエイツ
役 職 : 経営企画室/シニアコンサルタント
https://www.is-assoc.co.jp/

・一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 本部コンサルタント
・産業能率大学大学院 修了 【MBA:修士(経営管理)】
・嘉悦大学大学院 ビジネス創造研究科 博士後期課程 在学中
・(一社)日本経営士会 認定プロコンサルタント【経営士】
                       【経営革新等認定支援機関】
・(一社)日本マーチャンダイザー協会 【マーチャンダイザー 1級】
・特許庁(独:INPIT)認定 「ブランド専門家」
・厚生省(独:JEED)認定 生産性向上人材育成支援 訓練講師
・経産省 関東経済産業局 標準化関連事業認定「知財(ブランド)経営専門家」
・特許庁 知財金融促進事業認定 「知財金融専門家」


Profile

 米国留学後、25年以上にわたり国内外のアパレルやファッション雑貨及びライセンス管理の企業に勤め、経営企画として経営戦略やマーケティング、ブランド戦略立案・策定、国内外のパートナー企業の財務を含む戦略コンサルティング業務に従事。業態として、輸出入製造卸売販売や国内外ブランド・ライセンス運営管理など製品製造の卸売り販売からブランドのライセンシングまで幅広く携わり、経営企画と兼務しながらフロントでも活躍。

 現在、ブランドを軸に不動産業、ヘルスケア産業、旅行代理店業、保険・損保業、広告代理店、飲料・酒造メーカー及び卸、建築材メーカー、ファッション産業など多岐に渡る業種業態へ経営戦略コンサルティングや失敗しないブランド構築法、営業パーソンの育成、戦略的マーケティング、顧客提供価値構築法などの研修セミナーを行うほか、諸官公庁と連携し、専門家として企業支援や研修セミナーなどでも活動中。最近では、大学にて外部講師として授業をもち、学部生に「ブランド実践学」を教えている。

・金剛禅総本山 少林寺拳法【正拳士 4段】

ブランドの重要性とは?

戦略的なブランド構築は高付加価値の源泉である差別化も創出し、
企業の競争優位の源泉を醸成します。
今日、消費社会の成熟化とニーズの多様化、
市場環境変化による不確実性の高まりにより、企業が提供する商品やサービスの
技術的・機能的・性能的側面での差別化が非常に困難な時代です。
その様な市場環境に於いて、企業が保有する情報的資源である
「ブランド」は競争優位を創造し、持続的に会社を成長させてくれる
変革ドライバーとなり得るでしょう。
ブランドとしてどう識別され、どの様な便益を提供するか
丁寧に独自性を設計し、戦略的に全社的に取組むことで
参入障壁の高いブランドとなるでしょう。

協会で学んでビジネスにどう役立ったか

当協会の型は、海外でも通用するブランド構築のフレームワークです。
フレームワークで使われるマーケティング理論は、万国共通です。
文化や言葉の壁を越え、お互い共通のツールとして活用できる汎用性の高いフレームワークでした。
また社内では、見えざる資産と言われるブランドもこのフレームを使うことで、
今後の投資や事業価値評価を判断する一材料にもなりました。

協会のフレームワークを活かして取り組んだブランディング事例

新規ブランドの立ち上げと既存ブランドのリブランドに早速フレームを導入しました。
新規立上げにはチームを編成し、ゼロから取組みました。
リブランドでは、海外市場におけるポジショニングを再検討するする際に、
このフレームに沿って再構築し直しました。

サイトをご覧の方へメッセージ

【ブランドを初めて学ぶ方へ】
ブランド戦略と戦術の構築がフレームを通し一貫してできるようになり、即戦力となります。
学んだブランディングの「型(フレーム)」は、翌日すぐ会社で使えるようになり
、曖昧だったブランド定義も明確化され、いろいろな専門用語も社内で共通言語として使えるようになります。
是非コースを受講し、体感しながらフレームの使い方を覚え、会社に持ち帰って下さい。





オススメの講座

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムは
ブランド構築の「型」の形になっています。
この「型」は単なる机上の道具ではなく、
現場で使えるように再現性のある「型」です。


学ぶ・実践する

  • 「ブランドとは何だろう?」
    実際のブランディングに取り組む前の
    予備知識を得るミニセミナー

  • ブランドの基礎知識と実践で使える
    「型」を習得
    (ブランド構築のステップ)

  • ブランド・マネージメントの社内浸透や、
    社内研修の一環として。
    カスタマイズにも対応いたします。