バックナンバー

「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 > ブログTOP > ―――――【 ブランド名言集 Vol.325】―――――

2020年11月03日

―――――【 ブランド名言集 Vol.325】―――――


―――――【 ブランド名言集 Vol.325】―――――

日本人にとって朝はブルー。
爽やかな夏の朝はブルーの霧の中から生まれる。
小学生のとき歌った唱歌
『夏の思い出』にもそんな情景が歌われた。
しかし、彼の朝のイメージは、オレンジ色だった。
オレンジ色に輝く朝日に照らされたパワフルな朝。
ところがオレンジの色調は日本人にとって夕焼けの色なのだ。

~小池玲子(クリエイティブ・ディレクター)~

*****************************************************

かつて、小池氏が外資系企業で
コーンフレークのCMを制作していたときのエピソードです。
初夏の朝、出勤前の女性が
コーンフレークを食べるシーンを撮影して、
映像をアメリカ人クライアントに見せたところ、
青空に大きな不満を述べたそうです。
これはそのクライアントが特別変わり者というわけではなく、
日本人が持つ「爽やかな朝のイメージ=青空」という認識は、
アメリカでは通用しないということです。
「所変われば品変わる」と言いますが、
我々が当然のことと思っている認識は世界共通ではありません。
海外展開の際に文化や慣習の違いを知ることが
いかに重要かがわかるエピソードです。

出典:『「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる
共感から始まる顧客価値創造』

  阪本啓一 著
      経済界

Amazon→http://s.brand-mgr.org/2kVJrc7

*****************************************************
『ブランド名言集』では、
毎週、ブランディングやマーケティングに関する
書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

■Facebookでも情報を発信しています。
https://www.facebook.com/brandmanagers



カテゴリー

バックナンバー