「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 > スペシャルインタビュー >高木 純氏 vol.2

「価値がなかった六角形の器」から「繋がるプロダクト」を創出し瀬戸焼復権に貢献

株式会社コムデザインラボ 高木 純氏インタビュー

【プロフィール】

株式会社コムデザインラボ 代表取締役 高木 純氏
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会1級資格取得者

2010年10月に「コムデザインラボ」を開業、2014年10月に「株式会社コムデザインラボ」として法人化。ショップブランディングを軸に、空間の設計デザインからロゴマークやキャラクター、印刷物やホームページなど、すべて自社完結でトータルデザインする“合わせ技一本のデザイン事務所”として全国にクライアントを持つ。2017年2月に「JCD 中部支部デザインアワード 2016」受賞。2018年度ブランディング事例コンテストで優秀賞受賞。2019年度のブランディング事例コンテストでは「瀬戸焼ブランド m.m.d・セトヤキHEX」「リゾートインヤマイチ」の事例で地方創生審査員特別賞を受賞。


聞き手:一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 代表理事 岩本俊幸
話し手: 高木 純 氏(以下、 高木 )




かつて「せともの」の愛称で親しまれていた「瀬戸焼」。
瀬戸エリアの代表的な陶磁器ですが、昨今は洋食器の普及や量産品の流通によって以前のような馴染みのある存在ではなくなり、そのシェアに陰りが見え始めていました。
そんな中、窯元で過去の在庫品として積まれていた六角形の器に着目し、商品化を進めたクライアントとともにブランディングに着手しました。“繋がる器”をコンセプトに、瀬戸焼独自の技法を駆使したブライダルギフトを作り上げ、注目を集めています。株式会社コムデザインラボ代表取締役の高木 純氏に、瀬戸焼のブランディングについてお話を伺いました。



価値がなかった六角形の器」から「繋がるプロダクト」を創出し瀬戸焼復権に貢献



聞き手

「瀬戸焼」のブランディングで、2019年度の「ブランディング事例コンテスト」では地方創生審査員特別賞を受賞されました。 今回のブランディングに至った背景を教えてください。


高木


瀬戸焼は、「せともの」の愛称で日本全国で親しまれてきた陶磁器です。
ただ、かつては圧倒的な知名度がありましたが、洋食器の普及や大量生産された焼き物の流通など多様化が進んだことで以前ほど馴染みのあるものではなくなり、そのシェアや知名度に陰りを見せています。
そこで、名古屋の焼き物のセレクトショップ「make my day」さんと一緒に、日本六古窯(ろっこよう)と数えられる日本屈指の窯場・瀬戸エリアで作られた六角形の器を現代のニーズに合わせてブランディングすることになったんです。


聞き手

行政の主導などではなく、ショップが指揮を執りブランディングを進めたわけですね。


高木


はい。これまで瀬戸市では行政が主導したり、助成金で何度かブランディングを実施したりしたことがあったそうですが、今回はクライアントであるショップ make my dayさんのバイヤー目線でのブランディングです。 「本質的な顧客ニーズ」がある商品開発を軸に、リデザインした瀬戸物のあり方を検討しました。


聞き手

ブランディングはどのような思考のもと、進められていったのでしょう。


高木


そもそも現在は、食器という「機能的価値」を求めるのであれば100円でどこでも買える時代です。 そこで「どういった購買動機で食器を買うのか?」を考えるところからブランディングは始まりました。


聞き手

機能的価値以外の付加価値を追求していったわけですね。


高木


そうですね。たとえば男性の私の場合、「年間でどれだけ食器を買うのか?」と考えてみると、「まったく買わない」が結論でした。 そこで、割れたから買う、という消耗品としての見方から脱却し、「どうしたら瀬戸焼に付加価値がつくだろうか?」ということを検討してみたんです。そして実際に産地の窯元を訪れてみると、一つひとつ丁寧な手作業で工程を進められている。
でも、その手間暇は消費者に届いていません。それがとても残念に感じられ、「もっと価値のある売り方をするべきだ」という印象を持ちました。


聞き手

本来の価値が正しく伝わる売り方を意識された、と。


高木


はい。そこで、「普段使いの焼き物」ではなく、「普段使われない美術品としての陶磁器」でもない、食卓が華やかになるための「ほんの少しの非日常」をブランド・アイデンティティとして、商品開発を進めました。 具体的には、まずは瀬戸市でかつて焼かれていた六角形の器に着目しました。窯元に平積みされ、タダ同然で売られているような平皿でしたが、クライアントのアイデアによってこれを“掛け分け”という釉薬の技法で再生産し、ブライダルギフトとしてブランディングしたんです。


インタビューの続きはこちら会員専用 ブランディング コンテンツサイト
無料で会員登録できます