「ブランド脳のススメ」

ブランディングに役立つ情報・事例満載の無料メールマガジン。

一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 >『社員をホンキにさせるブランド構築法』

組織として築き上げる「チームブランディング」こそ会社を強くする

日本で唯一「ブランド・マネージャー」を養成する専門機関、『一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会』が、
独自に体系立てたブランド構築の“型”(フレームワーク)。
それを使い、中小企業においてチームメンバーを巻き込んでブランディングを行う
「チームブランディング」が今注目されています。
チームブランディングでは、メンバーに答えを与えるのではなく、グループワークを通して自分たちの頭で考え、
意見を交換することで、「自社の価値観」や「他者(顧客・スタッフ)の価値観」を深く理解し、
「自らの価値観」との共通点を発見することを主眼としています。
それが「自分ごと」として、主体的にブランド・アイデンティティに即した行動ができる人材の育成、
チームの育成につながるのですが、本書で紹介したいのは、まさに組織、会社、店舗の「チームブランディング」です。
本書では、そうした多くの人が関与するチームブランディングとはどういうもので、
どうすれば構築でき、どんな成果を獲得できるのかを、実際の事例を絡めながら解説しています。
本書が中小企業の組織や商品の価値を高める活動のお役に立てれば幸いです。

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会
代表理事 岩本 俊幸

マーケティング、ブランド論の第一人者 田中 洋 教授も本書を推薦!

田中 洋 教授(中央大学大学院戦略経営研究科教授 日本マーケティング学会副会長)からご推薦をいただきました

田中 洋 Hiroshi Tanaka
中央大学大学院
戦略経営研究科教授
日本マーケティング学会副会長


Profile

京都大学博士(経済学)
(株)電通 マーケティング・ディレクター、法政大学経営学部教授、
コロンビア大学大学院ビジネススクール客員研究員などを経て2008年4月より現職。
消費者行動論・マーケティング戦略論・ブランド戦略論・広告論に精通し、
多くの企業でマーケティングやブランドに関する戦略アドバイザー・研修講師を勤める。
その著作・研究活動により、日本広告学会賞を三度、中央大学学術研究奨励賞、
また東京広告協会白川忍賞特別功労賞を受賞している。
http://hiroshi-tanaka.net/

本書で紹介されている、そのメソッドには汎用性がある。

組織作りは経営の要諦であり、経営者、とくに中小企業の経営者は人材の確保に苦心している。
流動的な人の心をつなぎとめるにはどうすればよいか―――
その一つの解答が、本書で紹介されている『チームブランディング』である。
『チームブランディング』の優れたところは、グループワーク、セッション、ワークショップ等の手法を用いて、
ブランド論の考え方を職場で実践できるメソッドとして成立させた点だ。
メーカー、病院、美容室など、本書で紹介されているさまざまな業種における事例を見ればわかる通り、
そのメソッドには汎用性がある。
『チームブランディング』の考え方と実践方法を学ぶことで、組織や商品の価値の向上と、
チームづくりや従業員のモチベーションの向上を同時に行なうことができる。
本書は、中小企業の経営者はもちろん、かつてブランディングを取り入れながら
組織のカルチャー変革にまで至らなかった大企業の担当者にもお薦めできる内容だ。
本書には、人の心をつなぎとめる“仲間がいる環境”を作りながら、組織や商品の価値を高め、
ビジネスに結びつけるためのヒントが多く含まれている。
ブランド論を実務に応用するための書として、一読することを薦めたい。

ご購入はこちらから

本書でお伝えしたいこと

ブランドの種類は、製品、企業、地域、組織、店舗、人などいくつもあるが、
ブランドを築くフレームワークさえあれば、会社の規模に関係なく、
どんな業種でもブランディング可能。

自社内でスタッフと一緒になって築く
これまで、ブランディングはコンサルタントや広告代理店などが築いたものを導入することが多かったが、
中小企業を中心に、自社内でスタッフと一緒になって築くケースが増えてきている。
社員自身が経営に参画しているという意識を高める
それがうまくいっている会社は社員自身が経営に参画しているという意識が高くなり、
その結果として、強い組織ができ上がることになる。
この、チームで築き上げる組織のブランディング(チームブランディング)に大きな意味がある。

本書では、多くの人が関与するチームブランディングとはどういうもので、どうすればそれが構築でき、
どんな成果を獲得できるのかを、実際の事例を絡めながら解説する。

ご購入はこちらから


『社員をホンキにさせるブランド構築法』 目次

 

ご購入はこちらから


オススメの講座

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムは
ブランド構築の「型」の形になっています。
この「型」は単なる机上の道具ではなく、
現場で使えるように再現性のある「型」です。


学ぶ・実践する

  • 「ブランドとは何だろう?」
    実際のブランディングに取り組む前の
    予備知識を得るミニセミナー

  • ブランドの基礎知識と実践で使える
    「型」を習得
    (ブランド構築のステップ)

  • ブランド・マネージメントの社内浸透や、
    社内研修の一環として。
    カスタマイズにも対応いたします。